映画

「虐殺器官」 映画 英語しゃべれなくて良かった〜

Project Itohの大トリ、ついに公開。 傑作。大傑作。 制作会社自己破産の危機を乗り越えて、良く公開までこぎつけてくれた! 経緯につては、こちら。 この作品が日の目をみなかったら、大きな損出になるところだった。 大傑作とは言ったが、誰にでも薦められ…

「ルパン三世 カリオストロの城 4DX版」 この完璧な映画を超える作品を、俺は未だ知らない

38年ぶりにスクリーンで鑑賞。 あらすじは、要らないよね。 アバンタイトルのカジノ襲撃から、オープニングを経て、クラリス奪回までの流れの完璧な事!!緩急メリハリの効いた構成、静寂と騒音のカット割の完璧さ!ワクワクしてしんみりして手に汗握るこの…

「ザ・コンサルタント」 なぜ君は、そんなに面倒臭い生活を選ぶんだい

あらすじ:田舎町でしがない会計士をしている高機能自閉症の主人公クリフの、もう一つの顔は、マフィヤや裏の組織の会計を引き受け100%の命中率を誇る凄腕の殺し屋だった。そんな彼のもとにロボティクス大企業から財務調査依頼が舞い込んだ。 ベン・アフレッ…

「SPY/スパイ」 おばさん、世界を股にかける。

www.youtube.com 有能なスパイのオペレータとしてCIAで内勤していたおばちゃんが、パートナーの復讐のために現場に出て活躍するスパイコメディ。 劇場で見逃したの失敗した!!と鑑賞中思ってたら、DVDスルー扱いだった。 何やってんだ、日本の配給会社は?…

「黄金のアデーレ」 チャーミングなお婆ちゃんに恋してしまう?

www.youtube.com 今年に入ってなぜだかナチス関連の映画が続いた。「帰ってきたヒットラー」「ミケランジェロ・プロジェクト」でこの「黄金のアデーレ」だ。 読んでる本も船戸与一の『満州国演義シリーズ』でファシズム関連の作品が重なっている。別に意図し…

「帰ってきたヒトラー」 ギャプに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失うー。

あらすじ:ドイツ陥落とともに自殺したはずのヒトラーが、突如現代に蘇った。周囲は本物だとは気付かず、完璧な物真似芸人だとテレビで一躍人気者になっていく。記事の見出しは、公式サイトからのコピー。映画のコアを表現している良いコピーだ。 怖い映画だ…

「NEREV/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」 もっともっとと、調子に乗ってるのは楽しいんだけどさ。

www.youtube.com 高校卒業を間近に控えたニューヨーク傍の島に住む女子高生が、ひょんなきっかけでネットの匿名動画投稿サイトで開催されるゲームに参加したところ‥ と言うようなあらすじ。 本当は美大に行きたいと、母子家庭の母には言えず、つるんで居る女…

「ドント・ブリーズ」 神も仏もあるものか

「ドント・プリーズ」だとずっと勘違いしてた。 ホラーと紹介している人もいるが、恐怖映画と呼びたい。 始終恐怖感が半端なかったし、登場人物のうち主要な一人の人生の背景に心理的な恐怖を感じた。 ストーリーはとてもシンプルだ。 適当な逃げ道を準備し…

「ミケランジェロ・プロジェクト」 俺たち特攻チーム!アメリカが世界の芸術救ってやるぜ

あらすじ:第二次世界大戦末期、ナチスが略奪し秘匿した多数の芸術品を探しだし奪取するために、米軍に設立された学者や専門家たちの特別チームが活躍する。 ナチスに略奪された芸術品と言う点が「黄金のアデーレ」と似ているが、映画としてのテイストはまる…

「ネオン・デーモン」 無機質で低体温な女は好きですか?

強烈な印象を残す映画だった。 N.Wレフン監督でしか創れない、個性の塊。間違いなく映画の快楽に満ちた作品だ。それも一級品の。 東海岸のファッションモデル業界での、裏の世界のドロドロ、みたいなあらすじは、どこかの映画サイトで確認してほしい。 この…

「ロボジー」★☆

単純明快。ただただニヤニヤ笑っていられる映画。 適材適所の役者が、予想通りの役割で演技をしていることに安心しながら、この緩い感じも時には良いなとぼんやりと思った。

「DRIVE」★★★★

静かな男が、唐突に露にする暴力。映画全体を象徴するような、駐車場へ向かうエレベータ内のシーンに魅せられた。 一瞬前に唇を通し触合い気持ちを伝えたはずながらも、主人公と女性との間に流れる埋まることのない隔たりの空気。断ち切りように閉じるエレベ…

「ヴァルハラ・ライジング」★★★★

北欧神話をベースにし、ヴァイキングの世界を背景にしたスタイリッシュで凶暴な暴力と戦士の再生の物語。 ほとんど台詞のない冒頭10分あまりのシーンで完全に俺のハートは鷲掴みされ、観念的な世界観が展開する終盤まで一挙に映画の世界に魅せられた。 全身…

「アルゴ」★★★★

「誘拐ラプソディー」★★★

「TIME タイム」★★

「素敵な金縛り」★★

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」★☆

 「スマグラー」 ★

 「ヘッドハンター」 ★★★☆

予想を斜め上で、裏切っていくスピード感に溢れた傑作。 映画内リアルを徹底し、鑑賞中一瞬も飽きさせない。 しかも、男誰もが持つコンプレックスと憧れか根底にながれ、気がつけば共感させられてる手際の良い演出。 ハリウッドとも手触りの違う、隠れた名作…

 「愛 アムール」 ★★★

夫婦の終の姿を、生々しくそのままの形で目の前に静かに示して見せる。 目を逃せられなくて、隣に座る相手の事を考えざるを得なくて、自分の老いを直視せざるを得なくて、とてもストレートに迫ってくる映画だった。 ストーリやシュチエーションに目新しいも…

「ハンガーゲーム」☆

「トータルリコール」(2011) ★

「鍵泥棒のメソッド」 ★★

「ワイルド7」 ★

オープニングのバイクの登場シーンだけは格好良いい。それだけの映画。 なんだあの敵。七人もちっとまワイルドじゃねえし。猥雑さとワイルドさがないなんて、ワイルド7の映画じゃねぇだろ。

「ストロベリーナイト インビジブルレイン」★★★☆

好きなんだよ、姫川と姫川班が。 小説はあまり印象に残っていないけど、テレビドラマの竹内結子が物語と世界にとても強い印象を与えていて、観てる間ずっと幸せな気分だった。 秘められた悪意とか闇って言うには、ちょっと薄っぺらい作りだけれど、チーム、…

「ザ・タウン」★★★

被害者とやがて心を交わし、恋に落ちる男。希望のない街や人々の中で厭んでいた生活からの脱出を望む男。 アクションカットでの緊張感と迫力を伝える演出と人を描くときの細やかな演出のバランスが心地よく、鑑賞中とても良い映画に触れていると感じさせるが…

「桐島、部活やめるってよ」 ★★★★

たしかに、これは語りたくなる映画だ。 卒業して年月を重ねたおっさんやおばさんだけでなく、ついこの前まで現役だった連中もそうだろう。学校と言う空間から、次の世界に移った/移らされた人それぞれが、いまある場所から「あの頃」を思い出し自分語りをし…

「ゲキシネ 髑髏城の七人」 ★★★★

演劇と映画のハイブリット。 ずっと観たかったのに、なかなか機会がなくやっと鑑賞できた。 肉体の脈動とカメラが切り取るドラマが、舞台とも映画とも異なる体験を提供してくれる。 物語はシンプルで、誰にでも想像のつく範囲内だが、役者たちの汗や吐息を感…

「メタルヘッド」 ★★★

始まりの一瞬からまさに映画。 凄い。 少年のシーンに巻き込まれたあとは、最後までこの世界を見届ければ良い。 異邦人が価値観を再構築して成長を促す形式の物語に、メタルを持ち込んだ奇抜さと意外と親和性が高かったパンクが面白い。 神様は優しくて親切…