観ること 語ること  人はなんでブログで語るのか、とかをグダグダと考えてみた。

映画、舞台や本を観ること、その上で誰かに向けて語ることについてつらつらと思ってる事を書いてみたい。 自分語り、独善的な考え方の話になってしまうので、予めご了解のほど。 小説に登場する映画に関する言葉で、どうにも頭から離れない台詞がある。 村上龍の「音楽の海岸」の中で主人公が語る、「映画なんてものは誰だ…