成功した画家。プロモーションの一環で関わる私。グレートギャッツビーの心情の画家。その心理に気付く十代の息子。画家の画をナイフで切り刻む。息子の心を探る私。その先にいる画家の心を覗く私。画家の悲劇。「あの頃彼女は地方の有名人だった。その時姿を現す事もできたんだ。でもしなかった。自分が有名になってから、彼女の前に偶然現れる。それが私の理想だった。そじゃなければ意味がないと思ってた。現在の悲劇はそこからはじまっているんだな。私が自分の気持ちに正直になれなかった事、虚勢。それが息子の悲劇の原因だったんだ」