読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新選組!」の時代考証について

この話題も別にどうでも良いかもしれないけれど、書く。
新選組!」の第一話、ラストの近藤勇土方歳三坂本龍馬桂小五郎が揃って黒船を見物に行くのは、おかしいと批判する人達がいると言う。
馬鹿じゃなかろうか。いや馬鹿だ。愚かだ。ドラマなんて見るなよ。きっと大河ドラマとか時代小説とか好きな、インテリ気取りだったり歴史通な人達なんだろうな。つまらん。
まず史料に四人がこうして合った事は絶対にありえないと言うものがあるのならば、彼らの言うおかしいと言う言葉を認める事ができるが、四人が顔を合わせ黒船を見物したと言う史料が無いのにそれをテレビドラマで表現する事は歴史的におかしいと言う認識そのものがおかしい。否定する史料がない場合、その可能性が少しでもあったのならおかしいなどと指摘する事はできない。ましてやドラマなのだ、ドラマを通して伝えたいと作者が思っている事に貢献するためのシーンであれば、史実に嘘を付かない限り、場合によっては自覚的に嘘をついても描くことは褒められこそすれ、おかしいなどと指摘される事ではない。百歩讓ってそうした事実が絶対になかったとして、ドラマにそれを描く事がどうしていけないのか?
あなた達の好きだった今までの大河にはそうした史料を無視したシーンややりとりはなかったのに、こんな嘘ばっかりでは困る?それこそ馬鹿を言うなだぜ。下にも書いたけど、どんな歴史劇、時代劇も全て結局は現代の人間が創作したフィクションでしかない。時代や歴史をテーマにしたファンタジー以外の何もでもないんだ。
でなきゃ現代に生きる俺達が共感なり感動なんてできるわけないだろう。俺達に通じるものがあるって事は、それがすでに現代に再構築された物語って事の証なんだから。
頭の硬い歴史物ファンや大河ファンは、いいからもう見るな。見てもいいけど、鬼の首とったように史実と違うとか、史料にないとか言うな。黙ってチャンネル変えるか見ててくれ。
三谷幸喜NHKの制作陣たちの気概や意志をそぐような真似や、日和ってしまうようなクレームはつけるな。五月蠅い。せっかく良いドラマが、今まで見たいなつまらない大河になってしまうだろ。