読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治 政治

日記で政治を書く気はもうとう無いんだけど、今回の状況はちょっと特殊だ。
郵政民営化に争点を一元化しようとする小泉首相と、恥ずかしいくらい旧態と醜態をさらす亀井逹の造反議員。「刺客」だとか「くの一」だとかくだらなキーワードの反乱。期待と混乱と日本の反撃を意識して発言する中国と韓国。結局ほごにされた靖国への首相の参拝。我が杉並の教科書採用。表の古いマスコミでは風化しはじめたかのような拉致問題嫌韓流の大ヒット。マスコミの醜いまでの質の低さと、旧態依然の死体と化した硬直状態。ネットの勢いと反動。増税自衛隊派遣の問題が問われず、民主党の主権放棄のマニフェスト。などなど(思いつくままなので、つっこまないように)トピックスは山盛りで、政治が変わる空気が溢れている。
この空気に触れて、何かが変わるかもと期待を抱かないもしくは嫌悪を感じる人逹は少ないだろう。
俺は右でも左でもない。真面目な議論や論理の構築や披露もできない。
それでもこの状況下では自分の旗色を鮮明にしておきたいし、意思表示はしたい。別にここに書く訳じゃないよ。選挙に参加する事、自分の論理でしっかりと思考する事。それだけはしっかりしたいと思う。
この国が好きだ。拉致する国家を許す事も、国民の人権を無視する圧制者の国を許す事もできない。賠償と自らの国の利益のためにだけ反日を示唆する国も国民も、自己中で自分の都合の良い事しかしないし見もしない感情だけのキムチ臭い劣等国と仲良くする必要もない。組織の存続しか理由のないサヨクを組みすることもできないし、平和と戦争反対と口にすれば良いと思っているとしか思えない連中を軽蔑する。
俺が俺にとって正しいと思える事を大切にして、しっかりと俺ができる事をしようと思う。
お姉ちゃんと過ごす日々ももちろん大切だし、快楽の奴隷では居続けるけどね。その両立ができなくて、なんの人生か。