『僕の中の壞れていない部分』白石