『ルート350』 吉川日出男

これは尖っていて、微妙な熱さがあって、心地よい退屈さのある本だ。