『秋の牢獄』 恒川光太郎