『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 上下』 白石一文