『虫とりのうた』 赤星香一郎 ☆

こういう小説が賞を取るようになってはメフィスト賞もそろそろおしまいだ。