読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いつか棺桶はやってくる』 藤谷治 ★★★★

藤谷治を知らなかったのは、幸せだった。何故なら今から貪るように既刊の作品を読み漁る事ができるから。
『棺桶〜』の中に流れる切なさは他に代えが無い。物語の整合や流れよりもこの切なさが、この作品のコアだ。