読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『獣の樹』 舞城王太郎 ★★★★

心地良い疾走感。馬から十四歳くらいで産まれた僕がめぐる、名前と物語と世界と蛇と邪悪と樹木のお話。馬の駆ける疾走感が、様々な思想を超えて脳内を駆け巡る。