読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『擬態』 北方謙三 ★★☆

北方ハードボイルなんて久しぶり。今や歴史物の大家だが、今この時代になぜこの小説を書いたのか。傑作『檻』『逃れの街』の時代から現代への変遷がよく分かる。グレーな時代に、どうやって男であるかではなく、明確な憎悪の対象が設定できず滲み出る飼いならせない野生のあり方を問うている、著者のぶれない姿に改めて心動かされた。