読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NEREV/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」 もっともっとと、調子に乗ってるのは楽しいんだけどさ。

映画

f:id:zero0:20170118211610j:plain

 

www.youtube.com

高校卒業を間近に控えたニューヨーク傍の島に住む女子高生が、ひょんなきっかけでネットの匿名動画投稿サイトで開催されるゲームに参加したところ‥

と言うようなあらすじ。

 

本当は美大に行きたいと、母子家庭の母には言えず、つるんで居る女友達に馬鹿にされながら片思いのアメフト選手にふられ、勢いで最初のチャレンジ「見ず知らずの男と5分キスしろ」をクリアし次々とゲームに挑戦していくあたりから、あっという間に映画に引き込まれた。

 

匿名でチャレンジするゲーム、ネットで公開される「過激な」トライとしては可愛らしい内容だからもあるし、あつ、これくらなら普通にあるじゃんと、普段の延長線上に上手に設定された内容な事と、相手となった見ず知らず男子と、冗談キツくねぇ??くらいのレベルに過激さを増して行く様子が、微笑ましかったからだ。

 

まだ誰とも知らないが自分の好きな本を読んでいる一見安全そうな様子とイケメンな理由だけで選んだ他人の男子と突然のキス、タンデム、超高級ドレスの試着、一緒に靴を選ぶ、下着で一緒にデパートから脱出と続くゲームの内容がテンポよく、観ている間、次は?次は?と興味を引きつけるのと同時に、登場人物二人の関係が深まっていく様子と上手くシンクロしていて、心地よかった。

 

並行して、主人公を見下していたはずの女友達が、主人公達カップルが自分よりポイントを稼ぎ注目を浴びて行く事に、嫉妬と承認浴を刺激され、惨めに落ちぶれていく様子が描かれるのも面白い。

 

賞金とふられたショックで軽く始めたはずの主人公と、はじめからネットでの匿名の観客から褒めそやされ承認されること、その価値が自分にはあると確認するためにゲームを続けていた女友達という対比が、この先の建物の間に渡したハシゴの上をわたるといアクロバティックで過激なチャレンジを受ける事へ繋がっていくのも興味深かった。

 

ネットで自分に関わる事を発信する、発信したいと思う人間は、そのベースに多かれ少なかれ承認欲求と自己の価値を他者から肯定されたいと言う欲があるのは、誰もが認める当たり前のことだろう。

そのあたりの前の行為を通して楽しんでいたはずの存在が、簡単に新しい価値に取り替えられ、存在の危機に陥っていく様子は、そのまま自分自身にいつでも起こる悲劇だ。

匿名の観客はいともたやすく、過激な事を求め、もっともっと俺たち私たちを楽しませてくれと迫ってくる、その無茶な要望に答えられなければ、そく手のひらを返し、目新しい対象に興味を移していく。

 

この映画の結末に、少し納得がいかない部分、結局だれがこのゲームサイトを立ち上げたのか?が描かれないのは、サイトを物理的に作った者が問題なのではなく、そのサイトの構成員として場を作っている、そうした匿名の存在が問題なんだと意識されているからだろう。

こう書くと、もう教科書的な当たり前の問題の指摘でしかないし、なにか目新しい事が描かれているわけでもない。

 

それでも、この映画が面白いものになっているのは、その当たり前が観客の日常に繋がっていること、当たり前だけれど重要でキチンと向き合わなければならないものだと、冒頭からのわくわく感と観客と言う匿名な存在としてゲームの行方を楽しんでいる状態から、自然に体感させる事ができている点にあると思う。

 

いわゆるヤングアダルト映画かも知れないが、破天荒でなく、手垢のついたスリラーでもなく、映画を観ている事が同時にゲームの観客として匿名な誰かとして楽しんでいる事に気づかせる作りは、充分に大人の楽しめるものだ。

 

ラストシーン、主人公の男女がお互いの名前を伝えあい、新しく二人の関係が始まる。

匿名な誰かとして映画とゲームを鑑賞しているうちに問題を指摘され考えさせられたあとの状態で観る、朝日の中で改めて男女がお互いの名前を口にするシーンの、何か(楽しい事)を始めて行くだろう予感は、爽やかな気分を観客に与えてくれる。