読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『マジカル・ガール』 映画 チラ見せの魔法に魅せられて男は恋に落ちるんだよ

f:id:zero0:20170429230514j:plain

魔法少女の美女が、現実に翻弄される物語かと思ってた。

 

12歳の学生と教師のファーストシーンの不穏な緊張感、一転流れる聞き覚えのあるような日本のアイドル歌謡のイントロと鏡に向かい踊る短髪の少女の後ろ姿。

これだけで、この映画の他にない手触りに心は鷲掴みされ、スクリーンから目が離せなくなった。

 

日本のサブカルに大きく影響された設定、極力説明を排した物語の展開や演出が、映画に深い奥行きと広い世界を与えていた。

鑑賞した誰もが語るように、この映画は多くを語らない。意図的に画として見せない、台詞として説明しない部分が数多くある。

観客は、物語や人間関係や過去を想像し、余白を埋めるようにして映画を観ざるをえない。だからこの映画は観客を選ぶ。

余白を埋めるそれぞれの想像が、物語を深くし世界を広げるから観客一人ひとりが受け取る感触は、異なっていく。

私には、12歳の二人の少女の魔法、呪いなのかも知れないが、に囚われた二人の男の愛情の物語だった。

 

12歳の少女の瞳に射抜かれた男達は、それぞれの方法で少女の願いを叶えようとする。

失業中の父は金策のために女を脅迫し、少女のために人を殺めた男は出所後またも女のために男を排除しようとする。

 

私には、この映画の主人公はバルバラの魔法に囚われた初老の男ダミアンだ。

揶揄われながらも少女の視線に捉われたダミアンは、バルバラが精神を病んでいく成長の過程のどこかで彼女のために罪を犯す。何をしたかはわからないが、彼はそのことを後悔していない。

彼女のために生きられることを悦びとすら感じているのかもしれない。だから出所して彼女に再会してしまうかもしれないことを怖がるのだ。

なんて寂しい愛だろう。

再び出会ったバルバラのため男と対峙するために身支度をするダミアンのダンディーでロマンティックなこと。

その姿で静かに男と対峙し自分の命を投げ打つような提案をしながらも、バルバラが普通に男とセックスしたことを聞いた瞬間にそれまでの冷静さを失ってしまう。

なんて狂おしい愛だろう。

病室のバルバラに悲劇の元になったアイテムを渡す時のしぐさと行動。人生のすべてをあの時の少女の魔法に捧げた男の献身に込められた重さ。

なんて静謐で激しい愛だろう。

彼の生き様と、彼をそのようにまでさせた魔法少女の力に私は心を震わせた。

 

繰り返しになるが、語られない多くの事柄を埋めるように鑑賞することで、異なった見方ができる映画だ。

とかげの部屋での行為やバルバラに仕事を紹介する女との過去、バルバラの体に残る印の理由などから、諧謔と快楽の物語として堪能するも良い。

余命少ない少女の想いを叶えようとする父と娘のすれ違った想いに涙する、親娘の悲劇の物語として咽び泣くのも良い。

余白を想像することを拒否し、分かりづらいだけの思わせぶりで破綻した物語だと切り捨てるのもかまわない。

 

男達が少女の魔法に魅せられたように、観客が映画のマジックに魅せられて、それぞれの物語に心を揺さぶられる。

映画を観ることの快楽がここにある。