読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『壁の鹿』 黒木 渚 本 読書メーター

壁の鹿 (講談社文庫)

壁の鹿 (講談社文庫)

 

 喋る剥製という不可思議な設定とどこか懐かしい空気感の第一章から物語に引き込まれる。生きるのって難しいし面倒くさいけど、それぞれの方法と価値観で希望を見つけられるのではないかと優しい気持ちになったあたりで、突然に意外な展開へと転調していく。先程までの気持ちの延長線上だけに強烈だけれど理解や共感ができる心情と、そこまでの物語では異質な欲望が、剥製を軸に物語の核として融合していく。鑑に映るのは正だけではなく、邪もまた同じだと。そこを経て物語全体が投げかけるモノをちゃんと受け入れているか、私も剥製に聞いてみたい。