ネタバレ注意
映画や小説の感想は、ネタバレを気にせずに書いてあります。
ネタバレやオチを知ってしまうのが嫌な方はご遠慮ください。

『孤狼の血』 映画 男臭さ溢れる野蛮な映画 臭いのが良いんだよ

f:id:zero0:20180520155618j:plain

www.youtube.com

仁義なき戦い』『県警対組織暴力』に強い影響を受けた柚月裕子作『孤狼の血』の映画化。

オープニングの東映のロゴは、今のCG版ではなく昭和の波濤だ。

その後のアバンタイトルも赤字縦書きの役者のテロップで懐かしさ感じさせる。

勢いある手書き文字でなく、綺麗なタイポグラフィなのが今時だ。そして、鑑賞後感じる微妙な違和感を、このディテールの違いが象徴していると感じた。

少し荒れ目の画調や色調も、深作ヤクザ映画を強く意識していて、時折使われる斜に構えた手持ちのカメラの再現まで、この映画の目指す世界は一本筋が通っているし、全てが本気で作れらた映画だと感じるのも間違いない。

この強い心意気と、再現された昭和、役者たちの文句のない演技を観るだけでも、十分に価値はある。スクリーンで広島弁をがなり合う粗暴な映画の、なんて魅力的なことか。

役所広司演じる大上が吠え、松坂桃李が強い目で熱く語るシーンなど、鑑賞中は暑苦しい男たちの姿に熱い血潮が胸に沸る。

 

しかし、鑑賞後感じるのは微妙な違和感だった。

第一は、肩で風きって映画館を後にできなかった事だ。

間抜けなようでいて、深作ヤクザ映画/東映ヤクザ映画を観終わった後、一番に重要な事は、登場する男の魅力に魅せられて登場人物の一人のような高揚した気持ちになれる事だ。

アウトローではあるけれど、一人の男として筋を通す、我慢に我慢を重ねた上で怒りを敵役に爆発させる、牙を抜かれて日々を生きざるをえない自分が、男としての義と野生を刺激され、あれは俺なんだと問答無用で感じさせてくれる強さこそが、ヤクザ映画の強さだ。

この映画では、主人公大上の存在は、粗野だが卑ではなく筋は通している魅力的な男であるのは間違いないのだが、正義の人としての側面を最後に強調しすぎ牙のある男ではなく、良い人になってしまっていた。

このあたり原作では、ディテールを積みかせね、良い人に振り切らず、信じる正義のためである事二代わりはないが、自分の信じる事だけに生きる狂気ギリギリの存在に描かれていて、強く共感できた。言葉を積み重ねる事のできる小説と映像で見せなければいけない映画との差といえばそれまでだが、近年邦画では描かれなかった魅力的な男であるだけに、非常に残念だ。

 

第二は、ヤクザに魅力がなかった事だ。

江口洋介が演じる一ノ瀬や、ピエール瀧石橋蓮司竹野内豊らは、強烈に個性的なヤクザを演じていて『アウトレージ』とは異なる現代東映ヤクザ映画として、すばらしい存在感を示してはいた。

繰り返すが暑苦しい漢たちを感じるだけでも十分に価値のある映画であるのは間違いない。

が同時に、ヤクザ映画である以上、特に昭和のヤクザであるのならば、男としての筋を通す存在が必要だった。ここも小説では一ノ瀬が担っている部分だが、映画では物語を完結させるために、大きな変更をしてしまっていた。

殴り込んじゃいけん。しかも子分に罪をなすりつけちゃいけん。

男であるべきだった。この部分だけは、映画のためとはいえ、どうしても納得できない。

大上がヤクザは駒だと割り切っていたとしても、任侠を守る親分だけでなくその意思を組む一ノ瀬は男である存在だから雑には扱っていなかった事が、男映画としての響くポイントのはずだ。そんな一ノ瀬は日岡はそれでも罠に嵌める、自分の信じるもののためには、との流れこそがより日岡の意思のありようを強く印象付ける事ができたのではないかと思う。

 

この数年邦画にはなかったヤクザ映画として注目を浴びるだけの価値のある、強く男臭い映画だ。

いくつか不満はあるものの、それを補ってあまりある映画であるのは間違いない。

キラキラ映画なんて観ている時間があるのなら、ぜひ劇場で鑑賞して欲しい。

その後ぜひ原作を読んで欲しい。大上や日岡、一ノ瀬の魅力がさらに増し、映画と小説の両方が一層好きになる。

 

薬局のバイト役の阿部純子が良い。

清純な女子の顔と「オメコ」魅力的に口にできる女の顔の二つを違和感なく自然に演じられる女優ってそうはいない。

『孤狼の血』 柚月裕子 本 読書メーター

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)

 
男臭い。痺れた。昭和だ。東映ヤクザ映画だが作者にしか書けない、暑苦しい男の話だ。正義とは何かの話でもあるし、仕掛けられたどんでん返しに驚く上質なミステリーでもあった。なんだか最近、正義とは何かとか、男とは何かみたいな話ばかり読んでいたが、血沸き肉踊る濃厚な体験ができた。男なら、と言うと怒られるので、俺だって日岡のように血を継ぎたい。大上のように無頼に己の信念に正直に生きたいと思う。倫理や常識などつまらん足枷にしばられず、孤独を恐れず、欲望に陥らず、我が道を颯爽と走り抜く。なんて格好良いんだ。男臭さ最高だ。

 

『鳩の撃退法』上・下 佐藤 正午 本 読書メーター

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)

 

 なんとも不可思議な手触りの物語。信頼できない話者が書き連ねる、時制や口調が入り組んだマトリョーシカのような作品。下巻でどうなる?

 

鳩の撃退法 下 (小学館文庫)

鳩の撃退法 下 (小学館文庫)

 

 最後の最後まで、不可思議な手触りのままの、読む事が愉しい小説だった。鳩の話や、ピーターパン、家族の幸せなどキチンとオチをつけるし伏線も回収するし筋は通っているのだけれど、作者を投影した作者役の登場人物やフィクション内の虚実の関係などメタな構造や時制のシャッフルによる混乱や暗喩隠喩の飄々とした表現も含め、ストーリーでなく、小説を読んでいる時間を楽しむ、読書そのものが気持ちよくなる作品だ。作者の騙りを、読み手としてリアクションしながら楽しんでいくのが最適な読み方なんじゃないだろうか。あー愉しかった。

『ダ・フォース』上・下 ドン ウィンズロウ  本 読書メーター

ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS)

ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS)

 
ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)

ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)

 

 悪徳警官であると同時に、誰よりも街を愛し正義を求めるNY市警部長刑事マローンの造形、想いに圧倒された。組織、政治、思想や宗教、欲望と暴力の坩堝大都会で、純粋な初心を貫きながら現実的な「正義」の実件の過程で、キングに成り上がり倫理の道を踏み外して行った彼の最後の独白に涙した。傲慢から一線を越え窮地に立たされたのは彼の自業自得だし、巻き込まれ殺された子供たちの犠牲への怒りも偽らざる本心だ。罪の報いと正義の勲。建前の健全さに隠された濁を受け入れざるを得ない環境の中で最後まで警官であろうとした彼に深く共感した。

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』 牧村 康正,山田 哲久 本 読書メーター

「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

 

 読書中ずっと爽快と嫌悪を感じる、生々しい男の話だった。60年代後半産まれの映画、アニメ好きには、西崎、角川、奥山、山本の4人のプロデューサの名前は忘れられない。私的ヤマトFCを作った私には特に西崎の存在は大きかった。いたる所で「愛」と語る胡散臭い山師。ヤマトを創った偉大な男。何よりもプロデューサと言う職業を憧れの仕事にした男だ。彼の偉業と醜悪で横暴な行動・欲望はコインの裏表だ。こんな彼(ら)でなければ、熱狂と桁外れの興奮とロマンを与えてくれる作品は創造できない。規格外の狂犬が、今再び現れる事を強く願う。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星』 映画 どれだけの人数の死から物語が始まるのか。皆殺しの富野の変奏曲。

f:id:zero0:20180505221438p:plain

www.youtube.com

J-COM VOD劇場公開同時配信で鑑賞。

ついに、オリジンが終わった。ORIGIN I で3倍速い赤い彗星の戦闘シーンから始まったシリーズは、ルウム戦役、レビル大将捕獲の1stシリーズ直前で完結した。

満腹、満足だ。

冒頭の連邦戦艦とジオンモビルスーツ部隊の戦闘はCG全開の専用シーンだが、そのスピード感と動きに大興奮だ。

1stの手書きアニメでは絶対に表現のできない艦隊戦も満喫だきただけで、一見の価値がある。

 

ストーリーは1stガンダムの第1話に続く必然のため、既知の状態に収斂していく。そのため大きな驚きはない。

過去5作の中にあったオリジナリティの高い展開、モビルスーツ開発秘話、ラルとハモンの過去やシャアとセイラの過去のようなオリジンらしいサブストーリーがあるわけではない。

レビル捕獲の過程とデギンとの交渉とその結果が多分6のオリジナル部分にあたるのだろうが、ここまで物語が進めばルウムの戦闘が一番の見せ場になり、サブストーリーも添え物以外の何物でもなくなる。と言いながら最後に近いある人物の演説の有名なセリフには震えたが。

オリジンの主人公であるはずのキャスバルも今回は、完全な主人公にはなれていなかった。

1stへと繋がる大きな物語の流れがこの作品の主人公だ。

ああ、ここからあのガンダムが始まるんだという綺麗な繋がりがなによりも満足に繋がる。

ラストの一言、オリジンの締めとしては完璧だ。

 

30年以上前、ブラウン管テレビの前で、パイロットの排気音が流れスペースコロニーにザクが侵入するシーンを観て感じた、今までどこでも見た事のなかったSFでリアルな世界観を持った本格的なアニメが始まるんだというワクワクとした期待感の高ぶりを再び思い出す事ができた、それだけで十分に満足だ。