ネタバレ注意
映画や小説の感想は、ネタバレを気にせずに書いてあります。
ネタバレやオチを知ってしまうのが嫌な方はご遠慮ください。

『関数ドミノ』 舞台 繋がってんだよ、好きでも嫌いでも 

f:id:zero0:20171012220518j:plain

劇団イキウメの代表作の一つを、外部演出家と役者によって再演。本多劇場

過去に2つバージョンのあるうち初版オリジナルの戯曲をもとに作者前川知大が改稿している。

 

そこにある空気と役者の存在感が妙に生々しい舞台だった。本多劇場という箱のサイズもあるが、すぐそこにいる誰かの話を横から覗いているような感触だった。

 

主演の真壁薫を演じる瀬戸康史の演技がそう感じさせたのだと思う。ごく自然に今時の若者から、狂気の顔、冷静な観察者、熱狂的な思索者、精神の貧弱へと次々と表情を変えていく様子は、舞台から観客を知らないうちに支配していた。彼の声が多数のシチュエーションを通して一貫したものでありながらトーンで観る側の心情をコントロールしていた。

真鍋のある発想から登場人物たちが不可思議な状況、犯罪的な行為にまで巻き込まれていくのだが、観客も同時に瀬戸の演技で不定な状況に巻き込まれていく。

クローズアップもカットの切り替えもないなかで、最後まで引き込んでいく演技は素晴らしかった。

www.youtube.com

 

前川知大らしいSF的な設定ドミノが、果たして本物なのか、狂った弱者の屁理屈な言い訳なのか、最後まで余談や安易な安心感を与えない物語に説得力を持たせ、最後のシーンに微かな不安な希望を残すのも、瀬戸の演技と、周囲の役者の巻き込まれる受けの演技とが良いバランスで成立しているからだ。

 

ストーリーが投げ掛ける、人の幸福や不幸はドミノのせいなのか、人の心の持ちようや見方によるだけの物なのかの問いかけは、永遠に答えの出ないものだ。

幸せや不幸の因果を物理的に説明できる理由かあれば、それは楽だろう。自分の行いの責任や努力を放棄し、全て外部に託す事ができる。同時に努力や行動では解決できないあまりにも理不尽な状態は本当は誰かの作為や超自然的な何かのせいではないかという疑いを抱いてしまうことを否定もできない。

人は誰しもそれほど強くない。それこそ小さな神様を信じる事は、誰にでもある。

 

外部に理由を見つける姿が狂人のように見える瞬間と、それが一転し超自然を周囲が受け入れ本人が懐疑的になった姿もまた狂人のよう映る瞬間を、強烈に印象付ける構成は見応えがあった。

 

結論なんて出せない事柄を、同情を安易にさせない構成で観客に投げ掛ける寓話は、前川知大らしい骨太なものだ。

前川知大が演出したオリジナルはどんな舞台になっていたのだろうか?

真壁たちが別の登場人物の部屋を監視するシーンでは、今回のように左右に完全に別れるのではなく、多重的に重なり狭い舞台の上に2つの空間を交わらせるようなものだったのだろうかなどと、想像するだけでも興味が尽きない。

 

余談たが、ラストシーンの街灯のアレは、AKIRA童夢のアレだ。大友漫画っぽい設定も含め、ちょっとした遊びが楽しい。まあ勝手な思い込みだけれど。

 

 

舞台『関数ドミノ』 [DVD]

舞台『関数ドミノ』 [DVD]

 

 

レキシ コンサート「不思議の国の武道館と大きな稲穂の妖精たち~稲穂の日~」@武道館

f:id:zero0:20171011235259j:plain

f:id:zero0:20171011235324j:plain

話題のレキシのコンサート。

普段お世話になっている美人MCからお誘いを受けて初参戦。

 

あらかじめ予習を徹底したのもあるが、かなり楽しい体験だった。

「最後の将軍」や「KATOKU」みたいなメジャーな曲はもちろん、昔の名曲までPV見ているだけで、キャッチーで時にメロー、時にファンクと様々に姿を変えるメロディに、あっと言う間に引き込まれる。

さらに、日本の歴史に関するテーマを扱いながら、恋や日常の感情を響かせる歌詞をメロディに合わせるという、他にないアクロバティックな楽曲を、高いレベルで楽しく仕上げている。

 

www.youtube.com

音楽技法には詳しくないが、ファンクなリズムやロックなビートが背景にありながら、ファーストタッチのメロディがかなり分かりやすい。

初めて聞いても、どこか身体が反応してしまう普遍性がありながらも、聞いたことのない世界の融合が、かなり楽しい。

 

言い訳はさておき、ライブはフィジカルにもノリが良いのはもちろん、レキシ独自の世界観が頭脳も刺激する。

アラフォー、アラフィフも多いライブなので縦ノリもあまり過激ではなく、ちょうど良い疲労感と肉体の心地よさと頭のシェイク感が癖になる。

アラフィフのおじさんがQ,Q,Qとからだ全体で文字作りながらのっていてもどこも不自然のない、暖かい会場ですよ。

 

「最後の将軍」で"森の石松"として参加した松たか子が、レキシのライブを鑑賞した時に、曲にノリながらも、ふと冷静に考えれば、♪大奥~、大奥~♪と普通のライブではありえない訳のわかんない言葉を楽しく口ずさんでいる大人の集団の不思議さをインタビューで応えていたが、まさにこの感じ。

あとライブでお約束の稲穂のウェイブに、キャッツね。どこのライブにもあるお約束のファン行動だが、稲穂が一面に揺れる武道館のアリーナは、見ごたえあるよ。バカバカしい楽しさだ。

f:id:zero0:20171012000251j:plain

 イルカは飛び回り、稲穂は会場全体で揺れ、俵が会場をめぐる。おちゃらけてるくせに、突然のソロバラードで泣かせる、緩急ついたエンタメ度数の高い舞台だ。

セットリストはともかく、ゲストがニセレキシという一見地味ながらもおかげで「武田」がライブで聴けると言う豪華っぷり。良いんだか、悪いんだかよくわからないお得感。

 

 

ライブ中は、レキシの曲から急に関係のない歌謡曲に変化したり、躍りが入ったり、ちょっと危険なギャグが満載のため、映像化も放映もできないと言う、適当ぶり。

PVや楽曲で聞くのももちろん楽しいが、ライブにしかないレキシらしさは、多分味わっておいて損のないものだから、興味があればぜひ参戦を。

ちなみに普段はライブよりも作り込まれたディスクの楽曲で音楽を聞く方が好きな私がはまるのだから、この歌詞を許容できる人は騙されてみてください。

 あー楽しかった。

短感想 映画 何か話したいんだけど、言葉が見つからない。

今年に入って観た映画たち。感想を書こうと準備してるんだけど、なかなかうまくまとまらず放っておいた一覧。

短い感想は、映画ドンで鑑賞後すぐに投稿したもの。再観、映画館、WOWOW、VODなど鑑賞方法はバラバラ。

いつくかの感想は、時間をみて書き直して独立した感想にするつもり。

 

アンブレイカブル

スプリット観たら、観ないわけにはいかない。
十数年ぶり。改めて観るとすごい終わりかたしてたけど、ヒーロー誕生と同時に悪役誕生の話でもあって、サミエル・L・ジャクソンを主役としてみるととても切ない。不思議な映画だ。

 

 

『スプリット』

シャマラン監督らしい演出力の冴えた傑作。監禁と多重人格ってテーマはあるようでなかった魅力的な組合せだけど、凡百な監督だとテーマ倒れで最後までもたなかっただろうな。
予備知識無しで観たので、まさかあんな展開になるなんて。
うーん、楽しみなんだけどどうなんだ?
今更ながら感がちょっとあるんだよな。

 

 

ワンダーウーマン

主役の女優が、美しい事が救いでした。
まさにマンガ、これは誉め言葉です。

ウーマンリブの象徴だったワンダーウーマンも、現代に蘇ると娯楽の女王に。キュートで心優しい一面もある女戦士の強さは、なによりも美にある。

 

 

『プロメテウス』

コヴェナントの予習に再観。
人に対する暴君エンジニア、アンドロイドに冷たい人間。神の火を盗んで技術を与えたプロメテウスは共に自己の欲望のみに忠実で、その障害となるのがエイリアンってことは、奴は神なのか?
シャーリーセロンは横に逃げれば善いのにって毎回思う。

 

 

『海よりもまだ深く』

ダメな大人の阿部寛と母の樹木希林の掛け合いが、あまりにも自然で、作り物である映画なことを忘れそうになる。
台風はいつだってイベントだけれど、それすら小市民的なことに好感。
映画館で観るモチベーションが俺にはなかったけれど、家でゆったりと観ていることが心地よかった。
ラストの緩さも、いつまでも続く日常を生きる主人公たちらしい良い区切りだ。
真木よう子が奥さんだったらそりゃ未練たらたらになるよな。
俺もいつまでたっても大人になれないから、主人公の心情や行動に、嫌だなと思いながらも共感しまくり。

 

 

『何者』

いま時の就職活動って洒落にならないくらいに戦争だ。一時の事だし、長い人生から見れば、たかがに見えるかもしれないが、この瞬間に人生の大きな流れが決まってしまうのも事実だ。
主人公の足掻きと自意識の高さ、自分以外はバカだと思えてしまう弱さは、痛いほど共感できる。しかし、映画より原作の方がそうした気分をもっと鋭く突きつけてきた。
若い役者の演技でよい映画になっているが、残念ながら原作の方が切実がリアルだ。

 

 

『暗黒少女』

安い画面だなとおもいながら観始めたが、なかなかの良作だった。チープで嘘臭い線にリアリティラインが設定されているからこその世界が映画として成立してた。朗読5編で構成される、不在の少女の姿がありきたりだが面白かった。いつみ役の女優がブスなのがどうしょうもなく残念だ。あの役は美しく残酷で儚く強くなければならないのに、できそこないのグラビアアイドルみたいな小娘じゃ釣り合わない。

 

 

『 L I F E 』

エイリアンのようで、エイリアンじゃなかった。オチの絶望感は半端なかった。こういう胸糞なエンディングって好きだわ。恐怖よりも一人ひとりの死を悼むシーンが印象に残った。どちらも生きるためだからね。彼から見たら最初に攻撃してきたのは人間だし、ファーストコンタクトの誤解からは、悲劇しか生まないのかね。ある意味王道の展開だけれど、冒頭の火星からのポッド回収の長いワンカット、上下左右前後にカメラが移動しながら人も物も無重力を維持し続けてて、この映画のリアルを構築したのには感心した。

 

 

『グッドモーニング・ショー』

どこかで見たことのあるような事柄の羅列ばかり。肝心の立て籠り犯の要求や行動、テレビを通して視聴者の意見の結果も特に驚きがない普通の映画。テレビ局の裏側もありきたりじゃ見る価値もない。君塚良一だからこんなもんか。

 

 

ストリート・オブ・ファイヤー

ひょんなきっかけで再観。懐かしい。何回観ただろう。
ロックンロールの寓話の名前に恥じない、クールで熱い傑作。
ウォーター・ヒル監督の偏愛に溢れたカットの数々に痺れる。映画ってこうでなくちゃ。
濡れてネオンを反射する路面、みがきぬかれたアメ車、雨の中のキス、高架を走る電車、立ちあがる住民、痩せ我慢の別れ‥
シンプルこそが力で魅力な娯楽映画だ。

 

 

『君の膵臓を食べたい』

わかってたんだよ最初から。原作読んだときも電車のなかで号泣しそうになったから。僕が感情を露にしたシーンで涙が溢れてきた。
「月が綺麗ですね」に代わる現代 I LOVE YOU にノックアウト。

 

 

機動戦士ガンダム THE OLIGIN V 激突ルウム会戦』

あれから30年、何も変わっていないんだな。

 

 

『スキャナー 記憶をよむ男』

古沢の脚本に期待してみたが、さすがの金子修介監督、無難にまとめてきた。良くできた二時間サスペンスのような演出にポップコーンムービーとしては良質な一品。

 

 

『心が叫びたがってるんだ』(アニメ版)

たまたまテレビで流れてたのを最後まで。劇場で観たときは大泣きしたくせに、今日も泣く。それにしても邦画の皆は10代のあの頃が好きだね。俺も振り替えって甘酸っぱくなるの嫌いじゃないけど。ついつい金ぴかのお城で~♪と口ずさんでしまう。

 

 

スタートレック Byond』

映像の迫力は凄いんだけど、前作のイントゥーザダークネスでシビアな設定を見せられた後だけに、普通のスタートレックだった。これはこれでデートムービー、ウィークエンドムービーとしてはありなんだろうけど。

 

 

ジョン・ウィック

あんな可愛いイヌを殺した奴を許していいはずがない。と映画の本筋、主人公の心情とは微妙にズレた目線で観てしまったが、最後までキアヌに魅せられた。シャープ過ぎない動きが逆に生々しくて、嘘の世界をリアルにしていた。続篇楽しみだ。

 

 

『オクジャ』

家畜、屠殺、食肉、自然愛護テロ等など刺激的に見えるテーマながらも、突っ込みが一歩足りない印象。これくらいで、劇場公開が難しいからNetflix製作公開って事だと、ポリコレ含めた世の中の環境、特に製作配給側と受け取ってリアクションする「一般」観客の常識は、かなりヤバイんだと思う。映画なんて悪場所なんだから、テレビや教科書では見られない事をドンドン扱ってかなきゃ。感動や愛しかない映画館なんて糞だ。て思うのは旧世代なのか?

 

 

X-MEN アポカリプス』

真面目なヒーロー映画だわ。マイノリティの抑圧と社会の関わりをベースに監督してたブライアン・シンガーらしい生真面目に全てに見せ場を作る演出は良くも悪くも三部作の締めに相応しい。クイックシルバーのパートくらいしか柔らかい部分がないんだもの。敵役アポカリプスが壮大なのか違うのか最後までわからなかった。
改めて『ローガン』は別格だわ。
この若いチャールズが最後にああなるかと思うと、本編とは関係なく泣きそうになった。

 

 

『ロブスター』

怪作だ。カップル=つがいになれない人間は動物にされる世界。なにかしらの共通項が男女を結びつける価値観になっている中で、カップルになれるか否かを試される施設と、永遠に独りでいることを目的としたゲリラの世界の両者の中で、主人公がそれぞれの場所で目的を達成できない事、環境が逆の結果を生むことが痛烈で興味深かった。性的な動機が表立ってはいないが肯定されている部分が日本では無理だなと思わせる。あんな風に毎朝刺激されたらカップルになりたいと思うよ。少なくとも俺は。逆境で見つけた「愛」を維持するために、主人公は何ができたのか、できなかったのか。エンドクレジットのバッグに流れる海辺の音が暗示的で、考えさせられ続けた。

 

『日本で一番悪い奴ら』

 

クリーピー 偽りの隣人』

香川照之は評判通りのグリーピーさだから言うまでもなくだが、西島秀俊の心の無い男が無自覚なグリーピーさを演じきっているところに感心。矛盾や突っ込みどころは多々あるが、サイコパスに対する無自覚の心無しな男の構図がぞわぞわする恐怖で最後まで面白かった。

 

『俺俺』

駄目だった‥。原作の小説は現代での自己の価値と存在の希薄化、他己との境の崩壊が暴力と暴動などで表現されていて傑作だったけど、映像化、しかもJ系でってのは無理があった。アイドル映画にもなりきれず、中途半端だった。三木聡監督は『転々』は良い映画だったのに、流石に難しい主題だった感じ。

 

 

『ヴィジット』 婆の裸は怖い

スプリットの前に見逃しを補完。シャマラン演出ガチガチで、最後まで凄いテンションだった。プールで感じたこれじゃない感は綺麗になくなっててヒリヒリと驚かされた。
何よりも婆さんのヌードには驚いた。

 

 

溺れるナイフ

こりゃ賛否両論溢れるわけだな。私は好きだ。流行りの青春恋愛キラキラ映画になっていないところが良い。なにより主役の菅田将暉小松菜奈の存在感がすばらしい。評判の良い大友も自然で好感度は高いが、主役二人の力が図抜けていて、この映画はこの二人がそこにいることだけでも成立してしまっている。原作未読なので映画だけの解釈だが、ギラギラした10代のナイフのような全能感や感性が鋭い分だけ、溺れるようにもがいている様子を描いた、胸に突き刺さる映画だった。伴奏の使いかたは酷いが、曲(ピアノ)は良い曲だった。10代で観ていたら衝撃受けてただろうな。
ちなみに長回しの影響もあるが、相米の青春映画に近いものがあるなと感じた。

 

 

『オートマタ』 木から降りた猿の進む先は?

WOWOW録画。冒頭からの空気はディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』のようで俄然期待が高まった。アントニオ・バンデラスのうらぶれた格好良さはなんとも言えない良い味。アンドロイドアプリだと折りたたみができないので、最後までの感想はネタバレちゃうので書けない。

 

『ロストバケーション』

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』

『屍者の王国』

『ペット』

『凶器は壊れた黒の叫び』 河野 裕 本 読書メーター

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)

 

 前作で完結すれば良いと書いたが、結局読んでしまった。後悔させない内容だった。10代の時に読んでいれば、間違いなく七草のように生きると心に誓っただろう。愛しくて大切な者の幸せのためならば、敵対する事も、諦める事も厭わない。壊れてしまった失敗した過去の自分も受け入れ、改めて輝くもののためにそこにいる事を選ぶ強さ。格好よすぎるだろ。悲しいのは、この想いや感情が捨てられた存在たちの行いだということだ。例えそれがかけがえの無いものでも、実世界に生きる彼らではなく、要らないと捨てられた彼らの話である事が切ない。

 

 

 

『機巧のイヴ 』 乾 緑郎 本 読書メーター

機巧のイヴ (新潮文庫)

機巧のイヴ (新潮文庫)

 

日本版スチームパンクとして抜群の面白さ。江戸のパラレルワールド天府を舞台に、機巧人形と人を隔てるものは何なのかを問いかける。創造できるからこそ造ってしまう人工の生命に宿る感情、命はどこから産まれるのか。脳という臓器をいっさい排除することで力業的な世界が構築されているが、物語に触れている間は気になるものではなかった。一人の男と機巧人形の愛憎話から、社会の根幹に広がる謎にまで広がっていく物語は魅力的だ。なにより妖艶でありながらお茶目なオートマタ伊武の魅力には敵わない。時代SFエンタメ小説、お試しあれ。

『エイリアン コヴェナント』 映画 想像してごらん、創造する事と創造される事を。

f:id:zero0:20171001190907j:plain

前作の『プロメテウス』の記憶が、落下する巨人の宇宙船から逃げる女二人。しかも何故彼女たちは横に逃げない?しかなかったので、再見してからの観賞。

 

新エイリアンシリーズは、創造主と被創造者の相克がテーマだ。

神と人、人とアンドロイド、巨人とエイリアン、アンドロイドとエイリアン、それぞれが何故自分は創られここにいるのかを問い続け、被創造者が創造主を殲滅する。

 

誰も観たことのないSFホラー『エイリアン』から随分と大きな話になったものだ。

ピカピカのセットではなく、薄ら汚れた作業船のリアルな船内の中で、ヌメヌメした悪意の固まりのようなクリーチャーが殺戮を繰り返す。

古くからあるジャンル映画でありながら、造形や世界観が、今まで観たことも無いもので、意味なんか無くても、純粋に怖かった。

 

シリーズを重ねて、新進気鋭の尖った監督達が世界を広げ、SF映画として深いテーマを扱うようになった今時のエイリアンは、そんなに単純なものには戻れないのだろう。

 原点回帰と言いつつも、大きなテーマを捨てることなく、ある種の信仰を問うSFスリラーになっていた。

 

宇宙に出た人を心底恐怖させ、やがては地球を絶滅にまで追いやる存在エイリアンは、人の造ったアンドロイドが完璧を求め進化させたものだった。

この捻れ具合がたまらない。

仰々しい壮大なワグナーも痺れる。

が同時にエイリアンじゃ無くてもよいじゃないかとも思う。

少なくとも生理的な怖さを体現したクリーチャーで映画館の暗闇を恐怖で満たした、オリジナルの監督リドリーには、頭で感じる恐怖でなく身体で感じる恐怖を、美しい映像で魅せて欲しかった。

まあ『プロメテウス』の続編だから、こうなるのは仕方ないけれど。

 

新エイリアンシリーズの主役、アンドロイドのディビッドの行いと、創造主としての自覚の無い人間の愚かさに着目し、壮大なテーマの奥にある根元的な恐怖を味あうもよし。前作で府抜けていたクリーチャーが、オリジナルギーガに戻った瞬間を楽しむよし。

楽しみかたは人それぞれだ。期待する方向も、エイリアンへの思いも各人各様だ。

駄作になるか傑作になるか、完全に観客次第の映画だ。

 

私には、頭の中ではとても良くテーマをまとめたなと感心しつつ、身体は不満足に感じた映画だった。

超絶に美しいオープニングシーン。薄ら寒い不穏な緊張感。リドリー・スコット監督の演出力が溢れ出る冒頭から眩惑されていただけに、残念な気持ちが残る。

 

一番の不満は、表の主人公女優が微妙に不細工な事だ。エロスも感じない。

オリジナルのリプリーの不細工なようで美しく、うす汚れた姿ながらも健全な肉体から感じるエロスは、実はエイリアンにとっては欠かせない物だと思っている。

何故なら、エイリアンの一番の怖さと、それをわかった上で魅せられてしまう己に感じる恐怖は、エイリアンという猛々しい理不尽な暴力の固まりに、なすすべもなく追い詰められ、滑った器官で貫かれ絶命していく事だから。

する側でもあり、される側でもありえる人としての快楽と絶望の狂喜が、エイリアンをエイリアンたらしめていると、私は今も思っている。

 その意味では『コヴェナント』はあまりにも高尚すぎた。いや高尚だけ過ぎた。