『廃用身』 久坂部羊

淡々としてぬめりとした狂気が心地良い。パンチはないけれど、静かな狂気が身に染みる。