読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「里見八犬伝」

ジャニーズ滝沢だからとバカにしながら、見始めたけれど、単純に骨太な娯楽時代劇で、意外に面白かった。滝沢もがんばっていたし。八犬伝と言えば、人形劇だと刷り込まれた世代の俺だけれど、犬士が次々と集い始め、対する悪役の登場人物逹と対峙していく流れは、ドラマとしては面白かった。今時のテレビドラマに情や深い人間ドラマを求めちゃいけないのだから、人物描写やドラマの浅さは目をつぶろう。
菅野美穂ははまり役の悪役だし、仲間由紀恵もこんなもんだろ。渡部のマンネリの演技も、このドラマの中では良い方に貢献していた。
見終わったら、はいそれまでよで、ずっと心に残るって内容じゃないけどね。