『見えないドアと鶴の空』 白石一文