アーサー・C・クラーク
2008年3月19日、心肺機能不全のため死去。
幼年期の終り』が好き。
軌道エレベータが完成するまでは、生きていて欲しかったな。