読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「決闘。高田馬場」 パルコ歌舞伎 三谷幸喜

昨年から歌舞伎にちょっとだけはまっていて、数作見たけど、現代歌舞伎ってのはこれが一つの答えで良いのかな。
鳴りものから始まり、大見得で終わる、舞台らしい舞台ではある。
走るってのは、一つの大きな見せ場にしたのは、さすがに三谷らしい挑戦だ。
とても良い作劇になっていて、昔から映画やその他で堀部の走しりが扱われて来た中で、現代歌舞伎の舞台で独自に面白さを作り上げていた。
最後の大見得での心地よさは、舞台って良いなと思わせる。