読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『みかづき』 森 絵都 本 読書メーター

 

みかづき

みかづき

 

 熱中時代に憧れ教師になりたい時もあった。日教組反対と叫んだ青春の日もあった。三代にわたる教育に関わる真摯な親子の物語を読み終えて我が身を振り返ると、子供との交流への稚拙な憧れか、教わる事の反動や教師への不信、学校の質の低さへの苛立ちを思い出す。子供へ考える力を与える教育、効率主義から溢れた子供を救う教育。読書中胸が熱くなる良い人たちばかりで安心して読み終えることができた。しかし現実では功利的な進学塾、無能な親、疲弊した教師、甘い理想、前を向く気のない生徒等が溢れている。現実を変える力があれば良かったのに。